町田市よくある質問と回答

  • 全てを含む いずれかを含む
町田市FAQ> 住宅・生活環境> 騒音・悪臭・公害>
2016/04/01 00:25:12

質問:1616 近隣の畑で行われる農業目的の焼却(野焼き)について相談したい

回答:

ごみの焼却行為は、廃棄物処理法(廃掃法)及び東京都環境確保条例で原則的に禁止されています。
 「禁止の例外」として、農林業を営む上でやむを得ない焼却があります。(病害虫の防除、灰を利用する肥料作り・土壌改良など)
 ただし、「禁止の例外」にあたる焼却でも、焼却行為者には、周辺地域の生活環境への支障にできる限り配慮することが求められます。

●相談者が近隣での焼却にお困りの場合
 相談者が直接、焼却行為者にお話ができない場合は、環境保全課職員が焼却行為者に対し、「近隣の方(匿名可)から相談があった」旨を伝え「周辺へ配慮するよう」お願いすることができます。

●相談者が農業者など焼却行為者の場合
 紙ごみやビニールやゴムなどのごみの焼却は禁止されています。
 農業によって発生する剪定枝やツルなどであっても、病害虫の防除や、灰を利用する肥料作り・土壌改良などの目的でなければ、「禁止の例外」にはあたりません。 「禁止の例外」に当たらない場合は、ごみとしての処理をお願いします。
 「禁止の例外」に当たる場合でも、焼却は必要最低限とし、煙や臭いによって周辺の生活環境へ影響を与えないよう、十分に配慮するようお願いします。近隣の方から相談があった場合には、市職員が訪問することがあります。

※ 焼却しているものが、紙ごみ、ビニールやプラスチックなどの廃棄物の場合や、剪定枝やツルなどの焼却であっても「禁止の例外」に当たらない場合は、FAQ NO.3279を参照してください。

※ 閉庁時間帯の相談で、焼却行為者への指導が必要な場合は、
 (1)焼却の行われている場所
 (2)焼却の行われる頻度・時間帯(「2・3日おきに夕方4時頃」など)
 (3)焼却しているもの(「剪定枝」「落ち葉」など)
 を確認してください。翌開庁日以降、対応します。




【関連FAQ】

3279 ごみは燃やしてしまっていいのでしょうか




【関連リンク】

野外焼却(野焼き)は禁止されています
http://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kankyo/minomawari/news/yokusurutame/stopnoyaki.html


【お問合せ先】
環境保全課 規制指導係 
TEL: 042-724-2711
FAX: 050-3160-5478

担当課詳細: http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/shiyakusyo/gyomu/seisou/hozen.html

このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
前ページに戻る
ページの先頭へ戻る
FAQトップへ
町田市HPへ